ホーム > トップメッセージ

h1_01.jpg

トップメッセージ

政野社長(写真).JPG企業と障がい者との共生を目指して


日本の人口のおよそ8%にあたる859万人。この数字は何らかの障がいを抱えている人の数です(平成29年版『障害者白書』より)。この方々が、社会で働き活躍できる場所が多くないことは、みなさんご承知のとおりです。


当社は、独立系サービサー「ニッテレ債権回収株式会社」を母体として設立された「純粋持株会社」NTSホールディングス株式会社の100%出資子会社です。NTSホールディングスグループは、顧客や社会等との双方向の「ありがとう」を目指し、最適なサービスを創造し提供するとともに、社会に貢献していくことを基本的な考え方とした、「つながる全てに『ありがとう』を」をキーコンセプトとする共通の企業理念を掲げています。


この企業理念のもとに、私たちNTSホールディングスグループにできることはなにかと考え、すでにグループ内で雇用実績のある障がい者に加え、新規事業として障がいのある方達のより一層の社会参加及び自立・充実した地域生活の促進を図ることを、主要な企業活動の一つに位置付け当社を設立いたしました。


設立時の従業員は新規に採用した障がい者5名体制でしたが、おかげさまで、雇用する障がい者9名と当社の業務範囲も少しずつではありますが、拡大し現在に至っております。これもひとえに皆様の温かいご理解とご支援の賜物であると、心より感謝しております。


NTSホールディングスグループは、社会に貢献するべくサービサー事業を中核としたさまざまな事業を展開しています。その中にあって当社は、障害者の雇用に特別の配慮をした「特例子会社」としてサービサー業界で初めて認定され、同時にニッテレ債権回収株式会社についても「関係会社特例」の認定を受けました。
この認定により、当社が進める障がい者雇用はグループ全体の業務効率と障がい者雇用を両立させています。


私たちNTSプリント工房は、ハンディキャップを抱える障がい者の方に活き活きと働くことのできる職場環境を整備し更なる雇用機会の拡大を図り、障がいのある方の社会参加と経済的な自立を支援することで、積極的に社会貢献活動に努めてまいります。


NTSプリント工房株式会社
代表取締役社長 政野 健敏